読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングの魔物

エラー、バグ、仕様変更と戦うブログ

本読み

遊びのレシピの1章を読んだ。

10年以上前の本で内容も古いけど、アルゴリズムは(あまり)変化しないので、参考になる部分もあるだろうと思い中古で購入。
1章の内容はC++なのに何故かポリモーフィズムの代わりに関数ポインタを使っていたりする。

アルゴリズムとは?

  • 問題を解決する時の考え方。言語が変わっても考え方は変わらない

テーブル参照

  • 計算省略のため、式を予めテーブル化すること

連鎖するデータ

セーブ/ロード

1章は最近の開発から見てあまり参考にならない情報も多いが、次章以降は様々なゲームのアルゴリズムが載っているので参考にして行きたい。
おそらく次からは実機で組むのでノートを取るのはこれが最後。

この記事で読み進めている本

ゲームプログラミング遊びのレシピ―アルゴリズムとデータ構造 (C magazine)

ゲームプログラミング遊びのレシピ―アルゴリズムとデータ構造 (C magazine)